八重山病?な日々

yshirai.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 28日

続かみのやま温泉6 こんにゃく番所

先週かみのやま温泉に行った時、昼食にはテレビで紹介されていた「丹野こんにゃく番所
という所へ行ってみました。かみのやま温泉駅から約6km。タクシーでは片道約2200円
なので、ちょっと痛い出費になりますが、一度行ってみる価値はありますよ。
a0025476_6421697.jpg

着いたのは金曜日の12:45頃。店内はまずまずの賑わい。食事はほとんどが
こんにゃくから出来ている創作料理懐石で1050円からあります。親切なタクシー
運転手さんから1500円くらいので十分、興味本位で4000円のなどを頼んじゃうと
多すぎて食べきれないと聞いていたので、我々は1500円のものにしました。
a0025476_6524229.jpg

出てくる料理は、見た目普通の和食御膳ですが、こんなのまでこんにゃくで出来ているの
かと驚かされます。黒豆風こんにゃく、こんにゃくそば、焼き鳥風などなど。
全部の料理写真を掲載することは出来ませんが、1500円のコースでも十分お腹が
一杯になると思います。ただ温かい料理が少ないので、寒い時期には厳しいかも。

食事を終えてお土産売り場に出ると、団体観光客でもの凄い混雑です。平日でこんな
調子ですから、土日などはもっと混雑することが予想されますね。売り場ではこんにゃく
料理を単品で購入し、その場で食べることも出来ます。私のオススメは餅こんにゃく。
もち米とこんにゃくが約半分の割合で作られており、モチモチと美味しいですよ。

それにしても感心するのが、山形のタクシー運転手の親切さです。行き帰りとも、
運転手さんがかみのやまの名所や歴史などについて丁寧に説明してくれました。
帰りの運転手さんはこんにゃく番所の社長と面識が深いようで、運転がおろそかに
なるくらい(笑)、こんにゃく番所の説明を力説してくれました。宮城のタクシーから
考えると、本当に新鮮な驚きを感じますね。
[PR]

by yoshioshirai | 2006-10-28 06:39 | 旅行


<< レッズ頑張れ! 磐田戦      「フライトプラン」にがっかり >>